【マネーフォワード ME】金融機関とデータ連携・一元管理でリアルな資産状況がわかります

スポンサーリンク
moneyfoward meお金・財産

資産管理で困っていることが2つあります。

  • ポイントカード・プリペードカード・電子マネーなどの登録件数が増えて収拾がつかなくなってきたこと
  • 収拾がつかなくなったことで、お金がいくらあるのかわかっていないこと

こんな人にスマホの家計簿アプリ「マネーフォワード ME」を使って一気に解決します。すすめるポイントは以下のとおりです。

  • 多くの人の支持を得ているアプリであること
  • データ連携が強力で、手入力が少なくて済むこと
  • データを合算して最新情報で一覧表示ができること
  • データのダウンロードができること
スポンサーリンク

多くの人の支持を得ている

リリースから8年間で利用者数が1,100万人を突破しました。
家計簿アプリではナンバー1でしょう。

サラリーマン、自営業者、主婦の方など、幅広く利用されています。

データ連携

2,600社以上と連携
家計簿アプリではナンバー1でしょう。

金融機関以外にもポイントカード・プリペードカード・電子マネーのデータとも連携できます。

最新情報に一覧表示

一覧表示は表計算ソフトでもできますが、「マネーフォワード ME」のすごいところは金融機関などのデータと同期できる点です。

現時点の資産状況が一覧表示できるのは、とても便利です。

データのダウンロード

取引データがCSVファイルとエクセル(XLS)ファイルでダウンロードできます。

いろいろエクセルでデータを加工したい場合は、便利な機能です。
データのバックアップにも使えます。

ただし、バックアップ機能は有料版(500円/月)のWebからのアクセスでないと使えません。

使い方

まず下記か App Store・Google Play からダウンロードして下さい。
パソコンで使う場合は https://moneyforward.com/ から

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)
マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)
開発元:Money Forward, Inc.
posted withアプリーチ

使い方はiOS版で説明します。
Moneyfoward ME」のバージョンは13.6.5
バージョンは「ホーム」の歯車マークをタップ、画面最下部で確認できます。

初期登録
  • 利用規約に同意
  • 「マネーフォワード IDに登録」で「Apple」「Google」「Yahoo!」「メールアドレス」のどれかで登録
  • プロフィールを入力
  • よく使うサービスを入力
     登録後に次の「データ連携」でも入力できます。
  • 「連携する」をタップ
データ連携
  • ホーム画面で「資産総額」をタップ
  • 「連携する」または右上の「追加」をタップ
  • 「連携項目一覧」画面の「よく使われている連絡先」「その他の連絡先」から連携先を選択
  • 一覧から該当する連携先を選択、または検索ボックスで検索
  • 「○○○○と連携する」をタップ
  • ○○○○サイトに遷移
  • ID・パスワード・口座番号などを入力してログイン
  • 「自動取得対象の開始日」「表示名(任意)」「メモ(任意)」を入力
  • 「保存する」をタップ
  • 「”MoneyForward”で開きますか?」で「開く」をタップ
  • MoneyForward」に遷移
  • 「情報を取得中です」と表示
  • 数分後に金額やポイント数が表示される

手入力
  • ホーム画面で最下部の「入力」をタップ
  • 「支出」か「収入」のどちらかをタップ
  • 電卓が表示されるので金額を入力
    (電卓が表示されない場合は金額らんをタップ)
  • 「?未分類」をタップ
  • 「カテゴリを選択」画面でカテゴリを選択
  • 日付をカレンダーから入力
  • 内容を入力
  • 「保存」をタップ

編集
  • ホーム画面で最下部の「家計簿」をタップ
  • 「支出」か「収入」のどちらかをタップ
  • 円グラフをスライドさせて編集したいデータがある年月を表示
  • 編集したいデータがあるカテゴリをタップ
  • 「入出金明細」の画面で編集
  • 「保存」をタップ

編集
  • ホーム画面で最下部の「家計簿」をタップ
  • 「支出」か「収入」のどちらかをタップ
  • 円グラフをスライドさせて削除したいデータがある年月を表示
  • 削除したいデータがあるカテゴリをタップ
  • 「入出金明細」の画面で左上の「削除」をタップ

スキャン入力
  • ホーム画面で最下部の「入力」をタップ
  • 左上の「レシート」をタップ
  • カメラ撮影画面になり「枠に合わせて撮影してください」と表示
  • 下側のオレンジ色のボタンをタップ
  • スキャンしていない項目があれば手入力する
  • 「保存」をタップ

レシート撮影のコツ
1 背景に物や柄がない場所で
2 明るい場所で影が入らないように
3 まっすぐ・水平に
4 ヒントをあわせて

いろいろなレシートをスキャンしてみました。
正直なところスキャンは文字認識が悪く、実用では使えないのが私の感想です。

イマイチな点

無料版は10件まで、11件以上は有料版500円/月のサブスクリプションになります。
カメラによるスキャンはほほ使いものになりません。

まとめ

【問題・結論・理由】の確認

現金・預金以外に電子マネーなどのデータの登録件数が増えて収拾がつかなくなったって、資産状況が把握できなくなった人。

Moneyfoward ME」で一元管理できます。

レシートのスキャンはイマイチですが、データ連携は強力で大幅な入力軽減が見込めます。

コメント