「Parallels Desktop 」はWindowsアプリをMacで使う最適な選択です。

当ページのリンクには広告が含まれています。

MacでWindowsを使いたい。
インテルMacであればアップル純正の「Boot Camp」を使うことができます。

M1・M2のMacでは「Boot Camp」を使うことができません。
そこで紹介するのがM1・M2のMacでも使用できる「Parallels Desktop 」です。

「Parallels Desktop 」は、Mac上でWindowsやLinuxなどの他のオペレーティングシステムを仮想的に実行できるアプリケーションです。

なおMicrosoftは「Parallels Desktop 」でWindow11を使用することを正式に承認しています。

この記事では「Parallels Desktop 」について次の3項目を説明していきます。

  • どんな場合に「Parallels Desktop 」を導入するのか?
  • 「Parallels Desktop 18 for Mac」と「Windows11」のインストール
  • インストール後のおすすめな設定

「Parallels Desktop 」を導入してWindowsの世界を味わって下さい。

目次

どんな場合に「Parallels Desktop 」を導入するのか?

「Parallels Desktop 」を導入する理由をいくつか想定してみます。

  • 予算が限られている場合
  • Mac上でWindowsアプリケーションを使用する必要がある場合
  • 会社でWindows、家でMacの場合
  • Windowsゲームをプレイする場合
  • Windows開発環境が必要な場合
  • MacとWindowsのデータを共有する必要がある場合

まず考えられるのが、Macを持っていてWindows機もほしいけれど、予算が限られていて購入できない場合です。

次に、Windows専用のアプリケーションを使いたい場合です。
具体的には「Microsoft Visio」「Microsoft Access」「一太郎」「Adobe Premiere Pro」「JW_Cad」「秀丸エディタ」その他業務用に特化したアプリケーションなどがあります。

会社ではWindowsを使用、家ではMacを使用している場合、家で会社の業務をWindowsでする必要がある場合です。

Windows用のアプリケーションを開発する場合は、Windows用のプログラミング言語ソフト(「Visual Stadio」など)を使用する必要があります。

\ トライアル版なら2週間使用可能 /

「Parallels Desktop 」を使用すると、次のようなことができます。

MacとWindowsのデータを共有する必要がある場合

Windows専用アプリをあたかもMacのアプリのように使えて、ファイル共有やコピー・ペースト、ドラッグ&ドロップが簡単にできます。
もう少し詳しく言うと次のとおりになります。

ファイルの共有

MacとWindowsのファイルを簡単に共有できます。
Windows上でファイルを保存すると、そのファイルはMacのデスクトップにも表示されます。
同様に、Macで作成したファイルをWindowsのデスクトップに保存することもできます。(表示するかどうかは設定で変更できます。)

クリップボードの共有

MacとWindowsのクリップボードを共有できます。
例えば、Windows上でテキストをコピーして、Mac上のアプリケーションにペーストできます。

ドラッグ&ドロップの共有

MacとWindowsの間でファイルを簡単にドラッグ&ドロップできます。
例えば、MacのデスクトップからWindowsのデスクトップにファイルをドラッグ&ドロップすることができます。

共有フォルダの作成

MacとWindowsの間で共有フォルダを作成することができます。
共有フォルダを作成すると、MacとWindowsのファイルを簡単に転送できます。共有フォルダにアクセスするには、Windows上のエクスプローラーを使用するか、MacのFinderからアクセスすることができます。

Windows専用アプリを使いたければWindowsマシーンを使えばいいのですが、2台を使うのは手間がかかりますし、データ共有は「Parallels Desktop 」でないとできないです。

「Parallels Desktop 18 for Mac」と「Windows11」のインストール

すぐ製品を買ってもいいのですが、無料トライアル版は無料で2週間使えます。
その間に色々使ってみて購入を決定して下さい。

  1. 上記の今すぐトライドをクリックして公式ページにアクセス
  2. 無料トライアル版をダウンロードをクリック
  1. 無料トライアルをダウンロードクリック
  2. 「Install Parallels Desktop.dmg」がダウンロードされるのでそれを保存
  3. 保存した「Install Parallels Desktop.dmg」をクリック
  4. 「Parallels Desktop 18」と書かれたボックスが表示されるので、それの絵の部分をクリック
  1. 開くをクリック
  2. 「エンドユーザー使用許諾契約」の確認して同意するをクリック
  3. Macのパスワードを入力してOKをクリック
  4. 「Parallels Desktop の権限」ボックス画面で次へをクリック
  5. 「”Parallels Desktop.app”から”デスクトップ”フォルダにアクセスしようとしています。」でOKをクリック
  6. 「”Parallels Desktop.app”から”書類”フォルダにアクセスしようとしています。」でOKをクリック
  7. 「”Parallels Desktop.app”から”ダウンロード”フォルダにアクセスしようとしています。」でOKをクリック
  8. 完了をクリック
  9. 「Windows11のダウンロードとインストール」でWindowsのインストールをクリック
  1. 「”Parallels Desktop.app”から”ダウンロードカメラにアクセスしようとしています。」でOKをクリック
  2. 「インストールが完了しました」で画面をクリック
  1. 「Parallels アカウントにサインインしてください」でカウントの作成をクリック
  2. 「Windows 使用許諾契約」を確認して同意をクリック
  3. 「Windows 11 Installed Successfully」と表示されればインストールは成功です。

Launchpadに次のアイコンができます。
これをクリックしてWindowsを立ち上げます。

インストール後のおすすめな設定

日本語キーボード (106/109キー)に設定変更

Windowsのキーボードの設定が英語キーボード用の設定になっている場合があります。
例えばWindowsのメモ帳を開いて、次のように入力と出力が違っていた場合は、英語キーボードの設定になっています。

「@」と入力すると「[」と表示
「^」と入力すると「=」と表示

次の方法で日本語キーボード用に設定を変更します。

  1. Windowsのスタートメニューをクリック
  2. 設定をクリック
  3. 左側にある時刻と言語をクリック
  4. 言語と地域をクリック
  5. 日本語以外の言語があれば削除する。
  6. 「日本語」のをクリック
  7. 言語のオプションをクリック
  8. 「キーボード」の「キーボードレイアウト:接続されているキーボードレイアウト」のレイアウトを変更するをクリック
  9. 「ハードウェアキーボードレイアウトの変更」で「日本語キーボード (106/109キー)」を選択
  10. 今すぐ再起動するをクリック
  11. 再起動後メモ帳を立ち上げて「@」、「^」が入力のとおり出力せれたら成功です。

\ トライアル版なら2週間使用可能 /

Windowsの日本語入力キーをMacに合わせる。

Macの純正キーボードには日本語変換のWindowsの半角/全角キーがありません。
かなキーと英数キーに日本語変換を割り付けます。

  1. Windows画面の下部右側にタスクバーのAを右クリック
  2. 設定をクリック
  3. キーとタッチのカスタマイズをクリック
  4. 「キーの割り当て」の「各キー/キーの組み合わせに好みの機能を割り当てます」をオン
  5. 「無変換キー」を「IME-オフ」
  6. 「変換キー」を「IME-オン」
  7. メモ帳を立ち上げてメモ帳を立ち上げて、「かな」「英数」キーがMacと同じように使えることを確認

MacとWindows間でファイルを共有する/しない

MacとWindows間でファイルを共有する機能は便利ですが、デスクトップの共有は外しました。
個々の好みによりますので各自判断して下さい。

  1. Windows右上の歯車アイコンをクリック
  1. オプションをクリック
  2. 左側の共有をクリック
  3. Macを共有するをクリック
  4. カスタマイズ…をクリック
  5. 共有不要なもののチェックを外す。
  6. OKをクリック
  7. 今すぐサインアウト(S)をクリック

MacのプリンタをWindowsに共有

わたしの事前にプリンターは共有されていました。
念のために設定箇所を確認しておいて下さい。

  • Windows右上の歯車アイコンをクリック
  • ハードウェアをクリック
  • 左側の共有プリンタをクリック
  • 「Macのデフォルトプリンタに同期」にチェック
  • 「印刷前にページ設定オプションを表示する」にチェック

Coherenceモード

「Parallels Desktop 」は通常はMacのウインドウにWindowsが表示されます。CoherenceモードにするとWindowsが表面に現れてこないで、Macの一部として動作します。

使い慣れたらCoherenceモードは便利かもしれません。
最初のうちは通常モードのほうがわかりやすいです。

使う使わないは別にして設定の仕方を書き留めておきます。

Coherenceモードにする
  1. ウィンドウ左上にあるCoherenceモードのアイコン(1番右側の青色のボタン)をクリック

または

  • MacのDock にある Windows の [スタート] メニュー アイコンを右クリック
  • 表示をクリック
  • Coherenceの終了クリック
Coherenceモードを解除する
  • MacのDock にある Windows の [スタート] メニュー アイコンを右クリック
  • 表示をクリック
  • Coherenceをクリック

以上です。
試すだけなら無料です。便利さにビックリします。

\ トライアル版なら2週間使用可能 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次