Apple & Safari の人は「iCloud キーチェーン」必須です

ID$Pssword生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「iCloud キーチェーン」を導入すべき人

「iCloud キーチェーン」は Apple 製品の iPhone iPad Mac に標準で付属しているパスワード管理ツールです。

Apple 製品を使っているユーザーであれば、新たにパスワード管理アプリをインストールする必要がありません。

ただし、以下に該当する方は使用しないほうがいいです。別のツールを検討して下さい。

・Apple 製品以外に、Windows や Android OS 対応の製品を使用している人または使用を予定している人
・Apple 製品のみを使用しているが、インターネットブラウザに Safari を使用していない人

「iCloud キーチェーン」は Apple 製品間で各パスワードを共有し、Safari でサービスサイトにログインするとき、ID とパスワードを自動入力できます。

iPhone や Mac 以外にWindows を使っている人は、Windows 機にはパスワードの自動入力は使えません。というか、そもそもWindows で Safari を使っている人はいないでしょう。
(Safari for Windows は古いバージョンしかなく、セキュリティー上使用は控えたほうがいいです。)

パスワードの自動入力は Safari を使わないとできません。Safari 以外のブラウザを使っているのであれば、 「iCloud キーチェーン」を使う意味がありません。

ポイントはパスワードを覚える必要がないことです。というか覚えてはいけません。
覚えようとすると各サービスで同じパスワードを使うこと、つまりパスワードの使い回しの原因になります。

そのために「iCloud キーチェーン」を上手に活用しましょう。

なお、iOS ver 14.2.1、iPadOS ver 14.2、MacOS Big Sur ver 11.0.1 による設定例になります。

設定方法

「iCloud キーチェーン」が使えるように設定します。

iPhone・ iPad

「設定」 → 「AppleID名」 → 「iCloud」 → 「キーチェーン」 → 「iCloudキーチェーン」をOn

Mac

「りんごマーク」 → 「システム環境設定」 → 「Apple ID」 → 「キーチェーン」をOn

パスワード の登録

以下の2つの方法があります。

・SNSや物販サービスサイトなどからパスワードを入力するときに、iCloud にパスワードを保存登録する方法

・iPhone、iPad の設定 、 Mac の Safari の環境設定から登録する方法

サービスサイトから登録

「iCloud キーチェーン」の設定を終っておいて下さい。
Safari で各サービスサイトにログインして、ID・パスワードを入力します。

「iCloud キーチェーン」でパスワードが保存していないと、下記のとおり表示しますので、「パスワードを保存」をタップします。

iPhone の例です。

これでSafari 経由で「iCloud キーチェーン」 にパスワードが保存されます。

Apple製品から登録

iPhone・ iPad

設定 → パスワード → 「+」をタップ
「Webサイト」「ユーザ名」「パスワード」を入力します。

Mac

Safari を開く → 「Safari」 → 「環境設定」 → 「パスワード」→Macのパスワード入力 → →「 追加」をタップ
「Webサイト」「ユーザ名」「パスワード」を入力します。

自動入力

iPhone・ iPad の場合、事前に下記の設定をしておいて下さい。
Mac の場合は必要ありません。

iPhone・ iPad

「設定」 →「 パスワード」 → 「パスワードを自動入力」→ 「パスワードを自動入力」をタップ → 「iCloudキーチェン」をチェック

パスワードの修正・削除

サービスサイトでパスワードなどを修正して変更登録時に「パスワードを更新しますか?」とメッセージが表示されますので「パスワード更新」をタップします。
して、修正後のパスワードでログインすると、「iCloud キーチェーン」にも自動で反映されます。

サービスサイトを退会しても「iCloud キーチェーン」に登録しているパスワードは保存されたままなので、下記の方法で削除して下さい。

サービスサイトでパスワードなどを修正して、修正後のパスワードでログインすると、「iCloud キーチェーン」にも自動で反映されます。

サービスサイトを退会しても「iCloud キーチェーン」に登録しているパスワードは保存されたままなので、下記の方法で削除して下さい。

iPhone・ iPad

「設定」 → 「パスワード」 → 修正・削除したいサイトをタップ → 「編集」または「パスワードを削除」をタップ → 編集:該当項目を修正

Mac

Safari を開く → 「Safari」 → 「環境設定」 → Macのパスワード入力 → 「パスワード」 → 修正・削除したいサイトをクリック → 「詳細」または「削除」をクリック→ 詳細:該当項目を修正

最後に一言

パスワードを覚えてはいけません。
覚えようとするとパスワードの使い回しの原因になります。

「iCloud キーチェーン」を有効に活用して下さい。

コメント