カートリッジの交換はもういや!大容量インクタンク搭載プリンター6選

printer ink生活

令和2年は在宅ワークが定着した年です。ペーパーレス化が進み以前ほどプリンターの使用頻度は減ったかもしれません。
しかし,まだまだプリンターなしで仕事をすることはむずかし状況です。

そんななか、インクの減りが速く、カートリッジの交換でランニングコストがイニシャルコスト(本体価格)以上になってきました。

そこでランニングコストを抑えることができる、大容量インクタンク搭載プリンターを選んでみました。
なお、この記事は2020年11月8日現在の資料を参考に投稿しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プリンターの用途と機能

選出にあたっては在宅ワークやフリーランスをしている人を想定しています。
用途は下記のとおりです。
年間500枚から1,000枚程度印刷するものとします。

プリンターの機能
  • 仕事での文書印刷
  • 家族などの写真印刷
  • 年賀状印刷
  • 趣味のサークルの案内文書印刷など

用途達成のためのプリンターに必要な機能は下記のとおりです。

プリンターの機能
  • インクジェットプリンター
  • 複合機(原則)
  • 最大印刷サイズ A4
  • カラー印刷
  • 大容量インクタンク搭載
  • 自動両面印刷
  • Windows、Mac 両方に対応

業務用であればレーザープリンターもありですが、ランニングコストつまり、トナーカートリッジがバカ高いので対象外です。
A3用紙はあまり使用することはないので、A4用紙対象機種にします。
Mac 使用者も多いので Windows、Mac 両方に対応機種とします。

対象機種6選

大容量インクタンク搭載のインクジェットプリンターは大手の「エプソン(セイコーエプソン株式会社)」「キャノン(キヤノン株式会社)」「ブラザー(ブラザー工業株式会社)」製造の機種になります。
3社以外には見当たりませんでした。

エプソン EW-M770T・EW-M752T/TB・EP-M552T

エプソンの3機種はボトルからインクが注入できる「エコタンク方式」を採用しています。
従来の増量タイプカートリッジ3本分が1本のボトルに入っています。
値段も容量当り 1/5 程度に安くなっています。

A4カラー印刷のコストは「EW-M770T」が約1.3円/枚、「EW-M752T/TB」が約2.7円/枚、「EP-M552T」が約2.7円/枚です。

A4カラー印刷のスピードは「EW-M770T」が約10枚/分、「EW-M752T/TB」が約9枚/分、「EP-M552T」約6枚/分です。

印刷コストと印刷スピード以外は3機種ともほとんど機能は同じです。

キャノン G6030・G5030

キャノンは「ギガタンク」と呼んでいるインクボトルを採用しています。
インクボトルブラック1本当り最大6,000枚、カラー1本当り最大7,700枚を印刷することができます。

「G6030」「G5030」とも、A4カラー印刷のコストは約0.9円/枚、A4カラー印刷のスピードは約6.8枚/分です。

「G6030」「G5030」の違いは「G6030」はコピー機能、スキャン機能がある複合機です。
「G5030」はプリントだけの単機能機です。

ブラザー DCP-J988N

ファーストタンク」と呼ばれていますが、大容量インクカートリッジです。
公表では「ブラックインク1本で標準モデル対応のインクカートリッジ約16本分、カラーインクで約10本分のインク量を搭載。A4モノクロ文書なら約6,000枚プリントできます。」と発表されています。

A4カラー印刷のコストは約3.7円/枚、A4カラー印刷のスピードは約10枚/分です。

他機種にはない「DCP-J988N」の特徴はADF(auto document feeder)が付属していることです。
コピーやスキャンのときに原稿が自動で読み込みができる装置です。
大量コピーやスキャンのときに便利になります。

製品比較表

メーカー エプソン エプソン エプソン キャノン キャノン ブラザー
商品名EW-M770TEW-M752T/TBEP-M552TG6030G5030DCP-J988N
コピー
スキャン
FAX
ADF機能
印刷方式インクジェットインクジェットインクジェットインクジェットインクジェットインクジェット
インクインクタンク
(エコタンク)
顔料1色 染料4色
インクタンク
(エコタンク)
顔料1色 染料4色
インクタンク
(エコタンク)
染料4色
インクタンク
(ギガタンク)
4色独立
インクタンク
(ギガタンク)
4色独立
インクカートリッジ
大容量タイプ
4色独立
最高解像度(dpi)5,760×1,4405,760×1,4405,760×1,4404800×12004800×12006000×1200
用紙サイズ最大A4最大A4最大A4最大A4最大A4最大A4
給紙方式前面2段カセット
背面給紙(手差し1枚)
前面1段カセット
背面給紙(手差し1枚)
背面給紙後トレイ
カセット
後トレイ
カセット
トレイ
手差しトレイ
自動両面プリント
自動電源ON/OFF自動電源ONのみ自動電源ONのみ自動電源OFFのみ
外形寸法425×359×161mm390×339×166mm390×324×166mm403×369×195mm403×369×166mm435×341×195mm
質量約8.0㎏約6.3kg約4.5kg約8.1kg約6.5kg約8.7kg
対応OSWindows XP〜10
Mac OS X 10.6.8〜
Windows XP〜10
Mac OS X 10.6.8〜
Windows XP〜10
Mac OS X 10.6.8〜
Windows 7〜10
Mac OS X 10.12〜
Chrome OS
Windows 7〜10
Mac OS X 10.12〜
Chrome OS
Windows7sp1〜10
MacOS 10.11.6~
Air Print対応対応対応対応対応対応
印刷スピードA4カラー約10ipm
モノクロ約13ipm
A4カラー約9ipm
モノクロ約12ipm
A4カラー約6ipm
モノクロ約6ipm
A4カラー6.8ipm
モノクロ13ipm
A4カラー6.8ipm
モノクロ13ipm
カラー10ipm
モノクロ12ipm
印刷コスト
(税別)
A4カラー約1.3円
A4モノクロ約0.5円
A4カラー約2.7円
A4モノクロ約1.2円
増量使用時
A4カラー約2.7円
A4モノクロ約1.2円
増量使用時
A4カラー約0.9円
モノクロ約0.4円
A4カラー約0.9円
モノクロ約0.4円
A4カラー約3.7円
モノクロ約0.7円
インク価格(税込み)
メーカー直販
顔料2,640円/本
染料1,320円/本
オープンプライスオープンプライス4色セット6,930円4色セット6,930円黒3,300円/本
黒以外2,750円/本

結論

1年に500枚以上使う人は対容量インク対応プリンターを検討して下さい。

この6機種のなかではキャノン「G6030」の印刷コストが抜きん出ています。
コピーやスキャンが必要ない場合は、キャノン「G5030」がおすすめです。

年賀状がメインな人は従来のインクカートリッジプリンターのほうがトータルコストは安くなります。

コメント