「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」携帯料金Ⅰ年間無料、変更は楽天で決まり

スマホ・シム乗り換えお金・財産

年度末を控えて大手キャリアなどの新料金プランが示されました。
テレビCMで各社とも大々的にキャンペーンを繰り広げています。

この機会にスマホやSIMの乗換えを検討している人も多いのではないでしょうか?
でも、どこにするか迷っていませんか?

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」をおすすめします。
「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」は1年間スマホ料金が無料です。

1年間使ってみて、気に入ればそのまま使い続ければいいし、気にくわなければ解約して、新たな業者に乗り換えればいいのです。

違約金などの料金は発生しませんので、安心して解約できます。

4/7まで申し込めば1年間無料


以下で詳細を説明します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の内容

赤色が特筆すべき点です。
中でも2021年4月7日まで加入するとⅠ年間通信量が無料になります。

ブランド名楽天
プラン名「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」
提供開始期日2021年4月1日
(3月加入は「UN-LIMIT Ⅴ」に加入後自動アップグレード、「UN-LIMIT Ⅴ」は2021年3月31日で終了)
対応SIMnanoSIM・eSIM
データ量〜無制限(使用量による)
通信速度1Mbps以上
基本料金(税込)1GBまで0円/月
3GBまで1,078円/月
20GBまで2,178円/月
無制限3,278円/月
初期費用、事務手数料なし
国内通話料(税込)「Rakuten Link」アプリで国内通話がかけ放題
通常の電話は22円/30秒税込
5分間無料かけ放題
通話かけ放題
データ追加データ使用量で対応
支払い方法クレジットカード
金融機関口座振替
楽天ポイント
機種変更手数料なし
2年縛り違約金なし
MNPによる転出手数料なし
ケータイ補償サービス
(税込)
825円/月
故障時に6,000円負担
SMS【発信】
Rakuten Link 無料
通常のSMS 100円/70文字(全角)
【着信】
無料
デサリング無料
ネットワーク4G・5G(一部)
申し込みオンライン・店舗
18歳未満は店頭のみ申込
問い合わせオンライン・店舗
キャリアメール2021年夏頃予定
キャンペーン・1人1回線1度のみ1年無料(2021年4月7日まで)
・新規申し込みで楽天ポイント5,000円相当還元
・新規申し込み+スマポ購入で楽天ポイント20,000円相当還元

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のメリット

通信量が1年間無料

一年間無料キャンペーンが「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」最大のメリットです。
儲け無視のプランですよ。
サブスクの無料版みたいです。

条件は1人1回線1度のみ1年無料です。製品代、オプション料、通話料等は別費用が必要です。
スマポは買い替えしない。オプションは付けない。通話は「Rakuten Rink」か「LINE」を使えば全く無料で使えてしまいます。

1年間無料で使ったら、その後〇年使って下さいといった、期間縛りもありません。
半年で止めたくなったら違約金が発生することもありません。

使ってみて嫌になったらすっぱりと別の会社に切り替えても余計な経費はかかりません。
楽天さん!こんなことして大丈夫ですかと心配になるほどです。
ユーザにとっては、どこにもないすばらしいサービスです。

4/7まで申し込めば1年間無料

料金が4段階に別れている

基本料金(税込)
  1. 1GBまで0円/月
  2. 3GBまで1,078円/月
  3. 20GBまで2,178円/月
  4. 無制限3,278円/月

通信量が1年間無料キャンペーンに加入した場合は2年目以降の料金になります。
毎月のデータ利用量実績に基づいて料金が決定します。800MB(0.8GB)しか使わなければ、通信料は無料です。

よく誤解があるのですが、事前に上記の4つのどれかに加入しておく必要はありません。
その月の使用量実績によって4段階のどれかの料金になります。

月に100GBを使っても3,278円です。他社は全く追随できないサービスです。

私の感覚では、相当のヘビーユーザでないかぎり20GBもあれば十分です。
大手キャリアの新プランと比較しても相当割安です。

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のデメリット

電波回線が不安定

楽天モバイルは後発のため、大手キャリアと比べて回線エリアが、まだまだ狭いです。
それを補うために au から回線を借用して補っているのが実情です。

楽天エリアは2020年3月現在、おおむね大都市圏、県庁所在地、県庁所在地に準じた人口規模の都市がエリアとなっています。詳細は下記を確認下さい。

また、楽天回線の周波数は、1.7GHz帯の40MHz幅のみの割当になっており、屋内では通信が不安定になる傾向があります。
この件について総務省に資料を提出して訴えています。

サポートが不十分

楽天モバイルのWebページではAIチャットのみです。2021年3月現在電話・メールの対応はありません。
新型コロナウイルス感染拡大による稼働縮小とのことでが、他社と比較すると不十分であると言わざるえません。

結論

最大の魅力は通信量が1年間無料でその期間内に解約しても違約金などの料金が発生しないことです。
試しに使ってみるというスタンスで変更してみて、気にくわなければ止まればいいのです。

どうしても繋がりにくいのが気になる人は、新たにスマホも一緒に購入する方法があります。
試行機として購入してみるのです。機種の限定はありますが、例えば下記のような価格になります。

商品名ポイント還元後の実質価格
「OPPO A73」5,800円
「OPPO A5 2020」2,020円
「AQUOS sense3 plus」12,980円
「Xperia Ace」9,800円
「arrows RX」0円

相当割安になります。使ってみいやなら、SIM を変更すればいいのです。
試しに「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」を使って見ましょう。

4/7まで申し込めば1年間無料

まとめ

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」は1年間スマホ料金が無料です。

1年間使ってみて、気に入ればそのまま使い続ければいいし、気にくわなければ解約して、新たな業者に乗り換えればいいのです。

繋がりにくいのが気になる人は、新たにスマホも一緒に購入する方法があります。
割安な機種がありますよ

コメント