「白髪ぼかし」って白髪染めとは違うの?「白髪ぼかし」がおすすめの人とは?

生活

白髪は元々あったけど、最近かなり増えてきて黒髪よりも多い気がするという人には、白髪ぼかしという方法もおすすめの一つです。
これはグレー系のカラーで髪の毛を染めるという方法です。白髪を隠すというよりは、白髪の存在は出しつつもグレーにすることによって、より若々しくすることができますし、大人の渋さも出るというやり方ですね。

白髪ぼかしは真っ黒にせず、ある程度濃さにとどめておくのが特徴です。そのため白髪をうまく使うやり方のため、黒髪よりも白髪の方が多い人におすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「白髪ぼかし」のメリットは?

白髪ぼかしをすることのメリットはいくつもあります。まず、白髪を生かしてグレーにしますので、黒い髪の毛と白髪がナチュラルになじんで違和感が生まれないということですね。一般的な白髪染めを使うと、全体が黒髪になりますので、顔の感じと合わなくてなんとなく違和感を与えることがあります。
でも、ぼかしならこうしたことも起こらず、自然となじんだ雰囲気になるんです。また、いかにも髪を染めたなという印象もないので、気分的にもいいという人が多いですね。いきなりイメージが変わらないので、気恥ずかしさがないというのはうれしいですね。

若々しさを出すぼかし

最近はこのグレー系の髪にする大人の男性も多くなっていますよね。完全に黒くして若く見せるのもいいですが、ぼかしでグレー系にすると大人の雰囲気が強調されながらも若い感じもあるということで、その人の魅力を引き出してくれるというのが大きなポイントです。
やはり、見た目は年齢相応というのが一番ですので、無理して真っ黒に染めるのではなく、渋いけど若々しさもあるというぼかしも魅力的ですね。

白髪染めとの違い

白髪ぼかしはあくまでも白髪の色をある程度濃くするのに留めるのが特徴です。一方で、一般に白髪染めと呼ばれているものは、しっかりと白髪を染めて黒髪と同じトーンに持って行くのが目的なんですね。そのため、ぼかしよりも濃いカラーとなって、真っ黒になることも多いですね。
もちろん、白髪染めで髪の毛全体を黒くするのも、その人を若く見せるために役立ちますし、多くの人が実際に使っていますね。

でも、白髪染めの場合は使い方を注意しないと、仕上がりがイマイチになってしまうことがあるんです。というのも、白髪染めは色が濃いため、元々の黒い髪にも色が着いてしまって、より濃い黒髪になることが多いからです。
そして、白髪の方は完全に染まらず、ちょっと薄めのトーンになります。そうなると、色にムラが出てしまい、なんとなく整っていない感じに仕上がってしまうんですね。そして、黒髪の部分は普通よりも濃くなるので、なんとなく不自然に思えることもあります。
もちろん、上手に染めることができればいいんですが、白髪の量が多くなってくるとバランスよくムラなく染めるのは難しくなってしまいます。

白髪ぼかしがおすすめの人

白髪ぼかしは白髪染めとは違うコンセプトの白髪対策です。ぼかしがおすすめなのは、まずある程度白髪の量が多く、黒髪よりも白髪の方が多くなってきたなと思う人です。
白髪をグレーにして黒髪とのバランスを整えるというやり方なので、白髪の量が少ないとあまり効果が出ないからですね。

それなら生え際だけを白髪染めで黒くするなどして、全体の色を整えた方がきれいに見えますよ。ぼかしは髪の毛全体がグレー調に見えることで上品さだったり、渋さが出てきますのである程度白髪の量が多い方が有利なんですね。ある意味で、ぼかしてグレーヘアにするというのは、たくさん白髪を持っている人ができる個性だとも言えますね

また、白髪があるということをマイナスだと考えておらず、年相応の身だしなみをしたいと思っている人におすすめとも言えます。どうしても白髪を隠して若く見せたいというのであれば、全部をしっかりと染める白髪染めの方がいいいですね。
白髪ぼかしは、白髪があるというのは分かりますが、それを渋く見せるという方法だからです。年を重ねた男性ならではの魅力を出したいという人にぴったりですね。

そして、今まで白髪染めもほとんどせずにいて、白髪の状態を長く続けてきた人にもおすすめです。ずっと白髪のままだと、白髪染めをしていきなり黒髪にすると、周りからの目が気になることがありますよね。
でも、ぼかしに留めてグレーにすれば、不自然な感じはありませんし、おしゃれにしているなと見られるだけです。自分自身としても変な気を遣わずに若返りとおしゃれができますので、とてもいい方法ですよ。特に50代オーバーになったら考えてみたい方法ですね。