白髪染め、種類が多くてわからない。選び方と注意点を教えて下さい。

生活

白髪が目立つようになると、老けて見えるのが嫌ですよね。そのため、白髪染めを使って目立たなくする人が多くいます。よりきれいに仕上げるためには、どんな白髪染めを使うかが大事です。

結論からいうと、ファッションカラーではなく白髪染めとして売られている商品を使いましょう。
自分の髪質、肌のトーンや白髪の量によって商品を選びましょう。
商品には大まかに分けて「ヘアカラー」「ヘアーカラートリートメント」「ヘアマニキュア」があります。それぞれ特徴がありますので、用途に分けて使いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファッションカラーと白髪染めの違い

まず白髪染めと、ファッションカラーと呼ばれる商品の違いを知ることが大事です。
ファッションカラーと呼ばれる商品は、同じく髪の毛を染めるためのものですが、黒い髪の毛を茶色にするなど、白髪を隠すというよりも毛色を明るくするためのものなんです。
そのため、黒髪を脱色する薬品が多く含まれています。この商品を白髪を染めるために使うと、うまく白髪が染まらないことがあります。
また、脱色剤が多いために髪の毛にダメージを与えやすくなってしまうこともあるんですね。
また、思ったよりも髪の毛の色が明るくなったり、白髪だった部分だけがより明るく染まってしまったりします。

一方で白髪染めは、黒髪を脱色する必要がありませんので、脱色剤は多く含まれていません。
黒髪の部分はそれほど色が変わらず、白髪の部分をより染めてくれますので、全体のバランスが良くなるんです。
こうしたことから、白髪を染めるという目的であれば、ファッションカラーではなくできるだけ白髪染めとして売られているものを使った方がいいですよ。

髪質によってカラーを調整する

どの商品を選ぶかの基準として、髪質を考えることも大事です。
というのも、髪の毛が細めで柔らかい人は色が染まりやすく、逆に硬い髪の毛の場合は多少色が染まりづらい傾向にあるからなんです。
こうしたことを考えて、柔らかい髪質の人は、仕上げたいと思う色そのままかちょっと軽めのカラーを選びます。一方で、硬い髪質の場合は、多少明るめのトーンを選ぶと、思い描いていたカラーになりやすいんですね。
商品パッケージにモデルとして印刷されているカラーの通りになるかどうかは、髪質によって変わってきますので、まずはこうした点を考えましょう。

肌のトーンでカラーを選ぶ

髪の毛のトーンと顔の肌の色はバランスを整えないと、なんとなく違和感を与えることがあるんです。そのため、白髪染めのカラーを選ぶ時には、自分の肌のトーンも気にするといいですね。
具体的には、肌が白く明るめの場合は、やはり明るめのトーンの商品を選ぶとバランスがいいですね。逆に日焼けをしているなどして、ちょっと暗めの肌の色であれば、落ち着いたトーンの商品を選ぶと、髪の毛が浮いて見えることもなくなりますよ。

白髪の量でカラーを選ぶ

白髪がどのくらいあるかということも考えるときれいに仕上がります。白髪が少しだけの場合は、白髪染めを使うと黒髪の部分も染まるせいで、全体的にトーンが濃くなることが多いです。そのため、ちょっと明るめのカラーを選ぶとしっくりきますね。すでに結構白髪が出てきているのであれば、全体的にまとまった色合いに仕上がるため、望みのトーンをそのまま使って大丈夫です。

【商品タイプ別の選び方】
白髪染めの中にも、いくつかの商品タイプがあります。それぞれに特徴がありますので、使いやすさと仕上がりの違いを見て選ぶといいですね。
たとえば、一般的なヘアカラーは、染める力が強いので一回でしっかりと染まりますし、長持ちするというメリットがあります。
その一方で、強く染める分髪の毛へのダメージが強いので注意しないといけないですよ。頭皮が弱い人は、このタイプの商品を使うとヒリヒリしたり、炎症を起こしたりすることがあるので十分気を付けましょう。

ヘアカラートリートメントと呼ばれるものは、毎回のトリートメントで徐々に髪を染めていくというタイプです。少しずつ染まっていくので、自然と白髪を隠せるのがいいですね。また、全体にムラなく染まりますので、仕上りもきれいですしトーンの不自然さも出ないです。デメリットとしては、希望通りの色になるまでは時間がかかるので、すぐに染めたいという時には向いていないですね。

ヘアマニキュアというタイプの白髪染めもあります。これは髪の毛を脱色してから色を入れるのではなく、表面をコーティングして色を付けるものですね。そのため、髪の毛や頭皮へのダメージが少ないので、アレルギーがある人でも使いやすいというメリットがあるんです。また、常に白髪染めをしたい人も、髪の毛を傷めずに済むので安心して使えるのもいいですね。その反面、表面に色をコーティングしているだけなので、色落ちが早いという弱点もあるんです。

まとめ

・ファッションカラーは髪へのダメージが強いです。ファッションカラーではなく白髪染めを選んで下さい。
・柔らかい髪質には軽めのカラーを、硬い髪質には明るめのカラーを選んで下さい。
・肌が白く明るめの場合は、やはり明るめのカラーを、暗めの肌の色であれば、落ち着いたカラーの商品を選んで下さい。
・白髪量が少ない場合は明るめのカラーを選んで下さい。
・商品には大まかに分けて「ヘアカラー」「ヘアーカラートリートメント」「ヘアマニキュア」があります。それぞれ特徴がありますので、使い分けて下さい。