シニアの物忘れ対策、iPhone の「リマインダー」が使えます

生活

「サイフの置き忘れ」「薬の飲み忘れ」「書類のしまい忘れ」「火の消し忘れ」などなど、年齢を重ねるにつれて増えてきますよね。

iPhone 所有者なら標準で入っている「リマインダー」が便利です。

リマインダー」は覚えておかなければいけないこと、忘れそうなことを事前に登録しておけば、設定したタイミングで通知してくれるアプリです。
「思い出せない」「忘れた」をなくします。

物忘れのすべてが「リマインダー」で解決するわけではありませんが、iPhone を購入すれば無料で使えます。
あるものを有効に活用していきたいです。

リマインダー」の操作は簡単です。どんどん覚えなければいけないデータを入力して下さい。ポイントは「通知」機能をしっかりと使うことです。
今から覚えること、思い出すことで悩まなくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「リマインダー」のインストールと入力

iPhone 12 min iOS 14.3 の設定例になります。

「リマインダー」のインストール

リマインダー」は iPhone の標準アプリですから、すでにインストール済です。
削除して画面にない場合は下記からインストールして下さい。

リマインダー
リマインダー
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

思い出したいことを入力

先にリストを作ってから思い出したい情報を入力します。
リストとは情報を入れるフォルダのことです。

リストの作成
  • 「リマインダー」を起動
  • 右下の「リストを追加」をタップ
  • リスト名をテキストボックスに記入
  • アイコン色を設定
  • 右上の「完了」をタップ
思い出したい情報を入力
  • 「マイリスト」からリマインド情報を入力するリストをタップ
  • 左下の「+ 新規」をタップ
  • 「タイトル」を入力
  • 「i」をタップ
  • 必要に応じて「メモ」「日付」「時刻」「繰り返し」「場所」「優先順位」を設定

「場所」の設定とは「目的地に到着(出発)したら○○をやる」といったことです。
iPhone の「位置情報」によって通知するものです。
具体的な目的地は名称を入力して検索します。

ユニークなのはマイカーに乗ったり、降りたりしたときも使えます。
iPhone とカーナビが Bluetooth ペアリング済になっていることが条件です。
クルマのエンジンをかけ、カーナビが起動すると、iPhone が反応します。

「優先順位」は「マイリスト」を表示した画面でリマインド事項名の左側に「!」「!!」「!!!」と表示します。

「通知」の調整

思い出したい情報を画面・音声・バイブレーションで知らせてくれます。
物忘れ防止には「通知」の設定が重要なポイントになります。

通知を見落とすとまったく意味がなくなります。
シルバーには画面・音声・バイブレーションとも通知があるようにしておくのがおすすめです。

全体設定
  • iPhone の「設定」をタップ
  • 「通知」をタップ
  • 「通知スタイル」の「リマインダー」をタップ
  • 「通知を許可」の「オン/オフ」スライダーを ON(緑色にする)

「通知を許可」を ON に設定しないと全く通知しません。

画面の設定
  • 全体設定」の後
  • 「通知」の「ロック画面」「通知センサー」「バナー」表示したい画面にチェックを入れる
    複数チェック可、おすすめはすべてチェック

ロック画面」は画面が真っ黒な状態(スリープ状態)から電源ボタンを押すか、iPhone を傾けると表示する画面です。
通知センサー」は画面上端から下方向にスワイプすることで表示します。
バナー」は画面上部に一時的に通知を表示します。

「バナースタイル」は「一時的」「持続的」が選択できます。
「一時的」は時間が経過すると自動的にバナーが消えます。
「持続的」は人為的に操作しないと消えません。
消す場合はバナーを右から左にスライドさせて、「消去」をタップします。

音とバイブレーションの調整

事前に消音スイッチを設定して下さい。

音声を聞こえるようにするには、赤で囲んだ消音スイッチを、上側にして下さい。
消音にするには、消音スイッチを赤い部分が見えるように、下側にして下さい。

消音に設定した場合は下記で「バイブレーション」の設定を ON にして下さい。

「音とバイブレーション」の設定
  • 「設定」をタップ
  • 「サウンドと触覚」をタップ
  • 「バイブレーション」の「着信スイッチ選択時」の「オン/オフ」スライダーを ON
  • 「バイブレーション」の「サイレントスイッチ選択時」の「オン/オフ」スライダーを ON
  • 「サウンドとバイブレーションのパターン」の「リマインダーの通知音」をタップ
  • 「通知音」か「着信音」どちらかの中から、好きな音を選択

「通知音」「着信音」設定の設定は「設定」の「通知」からもできます。

使用例

会議などの予定

会議に出席、病院へ行く、人に会うなど今後の予定を順次入力していきます。

マイカーに乗車するとき

iPhone がカーナビと Bluetooth でペアリングします。
乗車時に通知するように設定します。
免許証など忘れ物防止に役立ちます。

薬を飲むとき

ついつい薬を飲むことを忘れるのを防止します。
「日付」「時刻」は当然設定しますが、「繰り返し」を設定すると便利です。

買い物をするとき

買い物をする日時を入力するだけではなく、商品ごとに不足時期を見込んで日時を入力します。
リマインダーが買い物リストになり、日々の過不足がわかります。

掃除・選択をするとき

風呂やトイレ掃除の日程を入力、「繰り返し」機能を使うと便利になります。
部屋掃除は一日ですべての部屋ができなければ、ローテーションを組んでみる。

まとめ

iPhone の「リマインダー」は覚えておかなければいけないこと、忘れそうなことを事前に登録しておけば、設定したタイミングで通知してくれるアプリです。

画面・音声・バイブレーションとも通知があるようにしておき、漏れがないようにしましょう。

会議の予定だけではなく、薬の飲み忘れ防止に、買い物リスト作成に、部屋の掃除ローテーション表作成など、独自の物忘れ防止に活用して下さい。

コメント