Kindle本が100冊超えたら、注文履歴の一覧リストを作ってみよう

生活

Kindle本が100冊以上になったら、ぜひとも一覧表を作って下さい。

Amazonページのコンテンツと端末の管理で検索はきますが、一覧にして全体を俯瞰するような使い方はできません。

この記事に示したとおりに進めれば簡単に一覧表が作れます。
一覧表を作って色々検索したり、年間購入冊数、年平均購入金額など色々の分析したりして使って下さい。

手順を示すと以下のとおりになります。

  • Chrome拡張機能拡張機能「アマゾン注文履歴フィルタ」をダウンロード
  • 注文履歴ファイルのダウンロード
  • 年別のCSVファイルを結合
  • Kindle本のデータだけ抽出
スポンサーリンク

Google Chromeの拡張機能「アマゾン注文履歴フィルタ」をダウンロード

Chromeの拡張機能を使うので、ブラウザはGoogle Chromeを使って下さい。

  • 上記のブログガードをクリックしてChromeウェブストア公式ページを開く。
  • 左上のストアを検索ボックスに「アマゾン注文履歴フィルタ」と入力してエンター
  • アマゾン注文履歴フィルタをクリック
  • Chromeに追加をクリック
  • 「アマゾン注文履歴フィルタ」を追加しますか?が表示されるので
  • 拡張機能を追加をクリック
  • Chrome右上のパズルピースのようなマークをクリック
  • 拡張機能の中にアマゾン注文履歴フィルタがあれば追加は成功

注文履歴ファイルのダウンロード

  • Amazonにログイン
  • アカウント名 アカウント&リストをクリック
  • 注文履歴をクリック
  • 過去30日間過去3が月20○○年と表示されている場合があります)をクリック
  • 2022年をクリック(2022年に購入がなければ2021年をクリック)
  • 対象月選択全てを選択
  • 2022年に購入した履歴が表示
  • デジタル領収書印刷用画面をクリック
  • Amazonに再ログイン
  • 書注文履歴CSV(参考用)ダウンロードをクリック
  • Chrome画面の下部にCSVファイル(amazon-order_digital_○○○○年.csv)がダウンロードされます。
  • 一括でダウンロードできないので、必要年をダウンロードする。

年別のCSVファイルを結合する

事前にダウンロードしたSCVファイルをフォルダーにまとめておきます。
なお、動作環境はExcel 2019 Ver2202です。

  • 空のExcelファイルを開く
  • メニューのデータをクリック
  • データの取得をクリック
  • ファイルから(F)をクリック
  • ファルダーから(F)をクリック
  • 参照ボックスでSCVファイルを入れたホルダーに移動
  • 開く(O)をクリック
  • 結合するSCVファイルが全てあるか確認
  • 結合 ▼をクリック
  • データの結合と変換をクリック
  • OKをクリック
  • 左側の閉じて読み込む ▼をクリック
  • 閉じて読み込むをクリック
  • 後は通常どおり名前を付けてファイルをエクセル形式(拡張子xlst)で保存して下さい。

Kindle本のデータだけ抽出する

  • 保存したエクセルファイルを開く
  • 項目「付帯情報」の右側にあるをクリック
    なければメニューのデータをクリック
    フィルターをクリックでが表示されます。
  • テキストフィルター(F)をクリック
  • 指定の値を含む(A)…をクリック
  • 付帯情報ボックスに「Kindle」と入力
  • OKをクリック
  • 項目「付帯情報」の各内容が全て[Kindle 版]であることを確認
  • 記入されている部分を全て選択して新しいシートにコピー

注意点

Kindle Unlimitedで注文した本は含まれません。
Kindle Unlimitedはサブスク、つまり定額で読み放題のため1冊ごと注文すると言うわけではないので、ファイルには含まれていません。
当然ですが過去にKindle Unlimitedで読んで、削除した本は含まれません。

注文履歴のため、注文してすぐ返却したものも含まれます。
返却がある場合は注文履歴イコール購入履歴ではありません。

エクセルファイルに表示される項目

エクセルファイルになっていますので、購入冊数や購入総金額が一発でわかります。

  • Source.Name ※1
  • 注文日
  • 注文番号
  • 商品名
  • 付帯情報 ※2
  • 価格
  • 個数
  • 商品小計
  • 注文合計
  • お届け先
  • 状態
  • 請求先
  • 請求額
  • クレカ請求日
  • クレカ請求額
  • クレカ種類
  • 注文概要URL
  • 領収書URL
  • 商品URL ※3
  • ※1「Source.Name」結合前のCSVファイル名が記載されています。
  • ※2「付帯事項」には著者名、販売会社名が記載されています。
  • ※3「商品URL」は該当商品の購入ページのリンクアドレスです。

    販売が終了した商品は空欄になっています。

まとめ

【Kindle一覧表を作成手順】

  • Chrome拡張機能拡張機能「アマゾン注文履歴フィルタ」をダウンロード
  • 注文履歴ファイルのダウンロード
  • 年別のCSVファイルを結合
  • Kindle本のデータだけ抽出

コメント