「SOUNDPEATS Truengine 3SE」 故障から交換までを報告

生活

先日、買ったワイヤレスイヤホン「SOUNDPEATS Truengine 3SE」が1ヶ月半で故障しました。
右のイヤホンから音が聞こえません。気に入っていたので非常に残念です。

メーカーのSOUNDPEAT社に交換してもらって事なきを得たのですが、それまでの経過について説明します。同じような故障に悩んでいる方は参考にしていただけると幸いです。

「SOUNDPEATS Truengine 3SE」のレビューについては以下を参照下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

設定状況

2020年8月14日に5,661円で購入、早々にペアリングが自動で開始、特に問題なし。

使用環境はiPhone6sのiOS13で使用取扱説明書には特に書いていなかったが、「設定」「Bluetooth」で「SOUNDPEATS Truengine 3SE」と「SOUNDPEATS Truengine 3SE L」の2つのデバイスドライバーが自動インストールされました。

ペアリングが開始されると、「SOUNDPEATS Truengine 3SE L」だけ未接続から接続に変わりました。
「SOUNDPEATS Truengine 3SE 」は未接続のまま変更なし。
なにか違和感がしましたが、問題なく音が聞こえましたので気にはしませんでした。

故障時の状況

一週間から10日に1回程度の頻度で充電をして使用。
主にジョギング時に使用、15時間~20時間に1回充電していました。

1ヶ月間あまり問題なく使用していましが、2020年9月25日突然、右耳用のイヤホンから音が聞こえなくなる。
特別変わった使い方はしていませんので、故障の原因はまったく不明です。

最初に右耳用のイヤホンから音が聞こえない異常を認識したときと、充電しなければいけない時期が重なっていたこともあり、充電すれば改善するかもしれないと安易に考えていました。

しかし、充電してもまったく右耳からは音は出ず、改善されません。

「Bluetooth」で「SOUNDPEATS Truengine 3SE」と「SOUNDPEATS Truengine 3SE L」の2つのデバイスドライバーが自動インストールされていたのが、「SOUNDPEATS Truengine 3SE L」だけ自動インストールされ、「SOUNDPEATS Truengine 3SE」は自動インストールされなくなった。

「SOUNDPEATS Truengine 3SE」が右耳用のデバイスドライバーと思われます。これがインストールされないので右耳から音が聞こえないということだと思います。

SOUNDPEAT社に問い合わせ

2020年9月30日に SOUNDPEATS社のサポートにメールで下記の事項を連絡。

・石耳から音がでない。
・再ベアリングしてもBluetooth用デバイスドライバーを削除しても改善なし。
・再インストールしても改善されない

2020年10月2日に SOUNDPEATS社のサポートに商品の写真と状況を説明するメールを送付しました。状況の説明は以下のとおりです。

・端末のBluetoothのドライバー「SOUNDPEATS TRUENGINE 3SE L」を一度登録解除・イヤホンをケースから取り出す。

・右のイヤホンは白の点滅、左のイヤホンは赤と白が交互に点滅・右のイヤホンからパワーオンと、左のイヤホンからペアーリングと音色案内あり・端末のBluetoothのドライバー「SOUNDPEATS TR

UENGINE 3SE L」を手動で登録・左のイヤホンからコネクティドと音色案内あり・音楽などを聴くが右のイヤホンから音が出ていない。

2020年10月2日にSUNDPEATS社より代替えの新品を送ると連絡がありました。
SUNDPEATS社のホームページを見ると下記のとおりの取り扱いになっており、自社の不具合を確認したと思われます。

ご返品・交換
ご注文日から12ヶ月の間 、ご使用いただいている製品に不具合と思われる事象が生じた場合、当該事象を弊社が不具合であると確認した後、迅速に同一新品製品との交換対応をお承り致します。その際の送料は弊社が負担いたします。

新品と旧品を比較

SOUNDPEATS Truengine 3SE パッケージ1
SOUNDPEATS Truengine 3SE パッケージ2

新旧のパケージを比べたのが上記の写真です。
両方の写真とも左が新品、右が旧品です。

左の写真ではパケージの商品名が「TRUENGINE 3 SE」から「TRUENGINE Ⅲ SE」に変更。写真の色合いが変わっており、撮り直したのでしょう。
右の写真は見たとおり、モデルが変更されています。

追伸

言い忘れていたことがありました。
充電に関して SUNDPEATS社から以下のメールがありました。(抜粋です)

充電時に5V/1Aを超える電流はご使用にならないでください。5V/1Aを超える充電器を使用した場合、故障が起こる可能性があります。

iPhone に付属している「USB 電源アダプター」はアウトプット 5V/1A で OK です。
iPad に付属している「USB 電源アダプター」はアウトプット 5.1V/2.1A で NG です。

「USB PD」 対応のモバイルバッテリーや USB 急速充電器などは使用しないほうがいいですね。

「USB PD(USB Power Delivery)」とは、USB端子を用いて充電する規格で、最大100W (20V×5A) の電力送出が可能です。

まとめ

Bluetoothのデバイスドライバー「SOUNDPEATS Truengine 3SE L」だけ自動インストールされ、「SOUNDPEATS Truengine 3SE」は自動インストールされなくなった。そのためペアリングできなくなったことが原因です。

5V/1Aを超える充電器の使用は控える。


いずれにしてSOUNDPEATS社は問い合わせに対して親切丁寧に対応していただきました。内情はいろいろあるでしょうが、結果的に新品を送ってもらえたので、問題解決できて助かりました。
「SOUNDPEATS TRUENGINE3SE」のユーザーで同じ問題に悩んでいる方は参考にして下さい。

コメント