「https://」と「http://」2つURLができてしまいました。問題ありますか?

SSL化生活

ワードプレスでブログしています。

立ち上げる時にSSL化しました。
つまり https://〇〇〇〇〇.✕✕✕

でURLが始まります。

ちょっと気になって

http://〇〇〇〇〇.✕✕✕ (sなし)

で検索したら、できてしまいました。
検索右には「保護されていない通信」と表示されます。

このように両方に表示されても問題ないのでしょうか?
問題があるとしたらなにか対策はあるのでしょうか?

答えを言うと、301リダイレクトの設定がされていないこと、つまり、「.htaccess」で常時SSLの設定がされていないことが原因です。

「.htaccess」ファイルにコードを追加すればいいだけです。

コピぺするだけですから簡単ですよ。

SSL化はプログやホームペ-ジを立ち上げるときには必須の設定です。

設定にはいくつかの項目があります。実施していない項目があると、同じコンテンツなのにURLが2つできてしまうことがあります。

私も以前に同じ現象が発生しました。SSL化は設定済みだと思ていたのが、中途半端な状況になっていました。

その経験を踏まえて説明しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

URLの状況

このブログのトップ画面です。
次は「https://shihiroblog.com」で検索した場合です。

次は「http://shihiroblog.com」で検索した場合です。

「http://shibiroblog.com」で検索すると上のように「保護されていない通信」と表示されます。
完全にSSL化されていると、「http://shibiroblog.com」で検索しても「保護されていない通信」とは表示されません。

SSL化の設定は済んでいる思っている人 (私) は「http://shibiroblog.com」で検索しょうとは思わないので、このような不十分SSL化になっているとは考えもしませんでした。

Googleのサーチコンソールから、プログの問題をよく指摘されます。がSSL化についてはまったく指摘はありませんでした。

設定環境

レンタルサーバー「エックスサーバ-」
「WordPress ver5.5」

パソコンでもスマホでも設定できます。
「エックスサーバ-」でなくてもレンタルサーバーであれば、同じょうな設定ですので参考にして下さい。

SSL化設定の手順

  1. SSL証明書を取得
  2. WordPressでSSLの設定
  3. 301リダイレクトの設定
  4. その他の設定

私のケースは1,2は設定していましたが、3,4を設定していませんでした。
1、2を済ませた人は3より始めて下さい。

SSL証明書を取得

SSL証明書とはインターネットで通信データの暗号をおこなうための電子証明書です。
難しく考える必要はなく「エックスサーバ-」のサイトで「SSL設定」をおこなえば簡単に設定できます。
個人ブログであれば「無料独自SSL」で問題ありません。

WordPressでSSLの設定

これも簡単です。WordPressの管理画面の「設定」「一般設定」で
WordPress アドレス(URL) の「http」を「https」に変更
サイトアドレス(URL) の「http」を「https」に変更するだけです。

301リダイレクトの設定

2番までの段階では「http」と「https」の2つのページが存在しています。これを1本化するために「http」から「https」へ転送することをリダイレクトといいます。
301リダイレクトはリダイレクトの1つでURLを元のURLに戻す必要がない場合に使用します。

やり方は分かってしまえば簡単です。サイト内にあるファイル「.htaccess」の一番上に下記のコードを記入すればいいだけです。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

「エックスサーバ-」のサイトで「.htaccessの編集」のページと「Webサイトの常時SSL化」のページを参考におこなって下さい。

「エックスサーバ-」のサイトで「.htaccess」ファイルを開いたら、編集前のファイル内容をテキストエディターでコピーしておいて下さい。万が編集ミスがあった場合のバックアップ用です。

次に最上段に、上記のコードを追加します。(変更ではなく追加ですよ)
終了したら「http」でアクセスして自動で「https」で表示されたら成功です。

その他の設定

内部リンクの変更

記事内部リンクや画像内部リンクを全てhttpsに変更します。記事数が少ないときは手動でおこないます。
記事数が多い場合はWordpressプラグイン「Search Regex」が便利です。URLを一括で置換してくれます。

やり方を誤ると大変なことになりますので事前にWordpressのバックアップを取ることをおすすめします。(「エックスサーバ-」もバックアップは取っていますが…)

「Search Regex」はWordpress管理画面の「プラグイン」より「新規追加」「Search Regex」で検索、「今すぐインストール」「有効化」で使用できます。

WordPress管理画面の「ツール」「Search Regex」で次の画面になります。

「検索」ボックスに「http」のURLを
「置換」ボックスに「https」のURLを貼り付けます。
それ以外の箇所は変更は特に必要ありません。

よければ「検索」ボタンをクリックすると、該当箇所が下に表示されます。
「全て置換する」ボタンをクリックすると自動的に変更されます。

各種サービス

Google AnalyticsGoogle Search Console その他サービスの登録がどうなっているか確認して下さい。

・Google Analytics
「管理」「プロパティ設定」「デフォルトのURL」を必要であればURLを変更し「保存」する。

・Google Search Console
トップ画面「サマリー」の左上に登録URLが表示されます。「http」と変更する必要があります。
修正することはできなくて、「https」で再登録になります。
またSSL化できていれば未確認サイトと表示されます。

まとめ

URLを完全にSSL化するには下記の4項目を設定して下さい。
やり残すと不完全なSSL化になります。
気がつかない場合もあります。記事数が増えてくると面倒なことになりますので、再確認しておきましょう。

  1. SSL証明書を取得
  2. WordPressでSSLの設定
  3. 301リダイレクトの設定
  4. その他の設定

コメント