【デジタル終活】パスワードの管理はできていますか?困るのは遺族です

スポンサーリンク
パスワード管理お金・財産

便利なWebサービスが増加するとともに、パスワードの数が増えていきます。どのように管理していますか?

パスワードを覚えてはいけません。覚えようとすると、パスワードが増えるとともに覚えきれなくなり、パスワードの使い回し簡単なパスワードの設定をしてしまいます。

パスワードの使い回し簡単なパスワードの設定によって、一度パスワードが漏えいすると、芋づる式にパスワードが漏えいする原因になります

おすすめする対策は専用の「パスワード管理ソフトを使う」ことです。
自分のためだけではなく、家族のためにパスワード管理ソフトを使いましょう。

参考:パスワードの利用実態調査 2020 トレンドマイクロ株式会社 調査

ネット上で機微情報の取り扱いが増加傾向にあるにも関わらず、複数のWebサービスでパスワードを使いまわしているWebサービスの利用者は85.7%と、大半の利用者がパスワードを使いまわしていることがわかりました。

https://www.trendmicro.com/ja_jp/about/press-release/2020/pr-20200929-01.html

スポンサーリンク

「アナログ管理」や「汎用ソフトの管理」は限界です

紙やノートにパスワードを書いてアナログ管理していると、パスワードの数が増えるに従って、パスワードの使い回しが増えてきます。簡単なパスワードを設定してしまいます。
パスワードの使い回し簡単なパスワードを設定は、漏えいの原因になります。また紛失記録忘れも心配です。

汎用性のあるテキストエディター・ワープロソフト・表計算ソフトに管理する場合は、アナログ管理よりは効率的にはなりますが、パスワードを手入力する必要があるので、Web サービス利用の増加とともに、パスワード使い回しも増えてきます。

汎用ソフトの管理であっても、アナログ管理と同じで記録忘れの可能性があります。

「パスワード管理ソフト」を使おう

「パスワード管理ソフト」のメリット
  • 自動登録ができる
     記録忘れ防止
  • 自動入力ができる
     使い回し防止
  • パスワードを記憶しておく必要がない
     使い回し防止
  • 複雑なパスワードの設定
     漏えい防止、セキュリティの確保
  • インポート・エクスポートが容易にできる
     紛失防止
  • ローカル環境にバックアップできる
     紛失防止

ネットサービスに新規に加入するためには、アカウントを設定して、ID・パスワードを入力します。
新規加入のアカウント設定時に「パスワード管理ソフト」にも自動で、ID・パスワードなどのデータを登録してくれます。
改めて登録する必要がありませんし、登録をし忘れることも防げます。

一度「パスワード管理ソフト」に登録してしまえば、ネットサービスに自動入力でログインすることができます。
IDもパスワードも記憶することも、コピーペーストすることもまったく必要ありません。
紙・表計算ソフトとも自動登録が出来ないので、入力漏れの危険性があります。

そのためパスワードの使い回しがなくなります。記憶する必要がないので複雑なパスワードの設定で戸惑うようなこともありません。

一般に「パスワード管理ソフト」にはインポート・エクスポート機能があります。
CSVファイルで一括入出力ができます。別の「パスワード管理ソフト」を変更するときには便利な機能です。

エクスポート機能はデータのバックアップに役立ちます。万一、使用しているサービスが廃止になった場合でもデータがなくなることはありません。
別のソフトに乗り換えればいいのです。

相続する場合、遺族が「パスワード管理ソフト」に不慣れな場合でも、紙や表計算ソフトでデータを確認することができます。

どのサービス・アプリがいいのか

主な「パスワード管理ソフト」を選んでみました。


iCloudキーチェーンChrome パスワード マネージャー1PasswordLastPass Bitwarden
iPhone・iPad
Android×
Mac
Windows×
インポート×
エクスポート×
自動登録
自動入力
ID・パスワード以外の入力
価格無料(アップル製品に付属)無料(Google Chrome に付属)$2.99/月(30日間無料)〜無料、有料版もあり無料、有料版もあり

iCloudキーチェーン」はiPhone などのアップル製品に付属しているものです。
そのためアップル製品以外では使えません。

Chrome パスワード マネージャー」はWeb ブラウザの Google Chrome に付属しているものです。
アプリケーションソフトや銀行口座などWeb サービス以外の用途には使いにくいです。

「1Password」「LastPass」「Bitwarden」が専用の「パスワード管理ソフト」です。
「1Password」が老舗で、その対抗が「LastPass」です。「Bitwarden」は最近評判のソフトといった感じです。

どのソフトもスマホ・タブレット・パソコンに対応しています。
データのインポート・エクスポートができるのでソフトの変更も容易ですし、バックアップもできます。

それぞれ特徴があり甲乙つけ難いですね。

いずれにしても、パスワード管理は一日も早く、「アナログ管理」や「汎用ソフトの管理」から卒業して、専用の「パスワード管理ソフト」を使用しましょう。
家族を困らせないために

まとめ

「パスワード管理ソフト」を導入したからといって、直接業務を効率化してくれるものではありません。

使い込んでいくうちに非常に便利になり、作業がスムーズになります。
それ以上にサービスアカウントを整理しておくことは、デジタル遺産の整理になり、後に残された家族は助かりますよ。

コメント