2021-06

FP

【FP検定1級】投資信託について、ディスクロージャーに関する問題が頻出です。

投資信託は、過去13回の基礎編の試験で基礎編では10回出題されています。出題が多いのはディスクロージャー(情報開示)、投資信託の分類、収益分配金、運用スタイルに関する問題です。 基準価額 基準価額とは投資信託の1口当たりの値段...
FP

【FP検定1級】頻出の「雇用保険」を整理してみた。

「雇用保険」は2016年1月から2021年5月の13回の試験(基礎編)中12回も出題されています。必ず必題されると考えておくべきでしょう。 出題形式は12回すべてか4択で、正しいかまたは誤っている文章を選ぶものです。制度の内容を問う...
FP

【FP検定1級】健康保険など公的医療保険について

公的医療保険は、過去13回の基礎編の試験で基礎編では10回、応用編では4回出題されています。2020年1月の試験では基礎編で2問、応用編で1問も出題されています。 高額医療費、傷病手当金、出産手当金、後期高齢者医療制度が頻出していま...
FP

【FP検定1級】法人生命保険の経理処理、キーワードは「最高解約返戻率」です

2019年に「法人税基本通達」が改正され 法人の生命保険の経理処理に関する項目が大きく見直されました。 最近の試験はこの改正内容に関するものが増えています。結論は【最高解約返戻率に基づく定期保険及び第三分野保険に係る保険料取扱表】を...
FP

ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定1級【応用編】非上場株式の評価(まとめ)

しひろです。今回はFP1級技能検定の「相続・事業継承」の「非上場株式の評価」をまとめます。 超定番問題です。 4つの評価方式 非上場株式の評価方式には類似業種比準方式・純資産価額方式・併用方式・配当還元方式の4つがありま...
FP

【FP検定1級】株式の信用取引について、得点源です

株式の信用取引は、過去13回の基礎編の試験で6回出題されています。 信用取引の経験者であれば容易な問題です。経験がない場合は、独特な用語には戸惑いますが、一読してもらえば理解できるようになります。 なお、青のカッコ書きは過去問...
FP

FP検定1級の財務分析を一発記憶のために整理する

「財務分析」は別記事で整理しましたが、今一記憶が定着していなかったので、改めてまとめました。 できるだけ図化してイメージで覚えることできるようにしてみました。財務分析の指標式がなかなか覚えられない人は参考になるかもしれません。 ...
FP

【FP検定1級】確定拠出年金など私的年金について

確定拠出年金が過去13回の基礎編の試験で5回出題されています。その他確定給付企業年金が2回、中小企業退職金共済、小規模企業共済、国民年金基金が各1回の出題になっています。 2019年1月応用編の試験で国民年金基金、小規模企業共済が1...
FP

ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定1級【応用編】損益分岐点を1次関数で求める

しひろです。損益分岐点についてはFP1級応用編過去13回で3回出題されています。頻出問題ではありませんが、1次関数を使うとあっさりと解けます。 損益分岐点を図式化 公式を暗記するより図式化してイメージで記憶したほうが定着します...